世界初!非侵襲性血糖値測定アプリが間もなく登場

 

QRコードはこのページを簡単に読み込む為のものです。

現在、Wor(l)dではシリコンバレーの医療ベンチャーHEKA Corp.の協力のもと、ウェアラブルデバイスHELO LXを使って最終段階のチェックが行われています。 全世界限定500名の被験者から得られるリアルなデータを元に更に精度を調整して最高のものを作り上げてくれると信じています。 因みに私の友人が高血糖で困っているので申し込みしましたが、選抜されなかったようですね...(^^;;) 

 

面倒で痛みを伴う採血ともオサラバ♪

 

もう間も無くです。。

 

東芝が開発した最先端光センサー技術(PPG)を搭載。人と未来を変えるチカラ!

時計のように手首に装着するだけ。日々の生活に必要なバイタルデータを読み取ります。

血糖値と尿酸値の深い関係

酒好き、美味しいモノ好きは要注意!!

痛風と耐糖能障害は糖尿病の扉です(~~;)

 

 以下、糖尿病ネットワークより一部引用

 

尿酸値が高ければ糖尿病予備群でも要注意

 

高尿酸血症と糖尿病は併発しやすいのですが、実際には、糖尿病のコントロールが悪くて血糖値が高いと、ふつう尿酸値は少し下がります。このため、激しい痛風発作があり、なおかつ血糖値も著しく高いという患者さんはそれほど多くはありません。最近、痛風になりやすい遺伝子と糖尿病になりやすい遺伝子がたくさんわかってきましたが、それらは互いに異なります。

 このような理由で痛風発作は、糖尿病の人よりもむしろ、糖尿病になる前段階の耐糖能障害の時期に併発することが多いのです。耐糖能障害のときには、糖尿病特有の合併症(三大合併症)は少ないものの動脈硬化は進行しやすく、高尿酸血症と重なるとさらにその進行が早まります。

 尿酸値が高いと指摘されたら、たとえ糖尿病ではなく糖尿病予備群だとしても、尿酸値や血糖値の積極的な管理が大切です。

この続きを読む

血糖値が高いと癌のリスクも高まる! がん細胞は甘いものが大好きですからね〜 糖尿病患者の死亡原因に癌が多いのはまさにです(;_;) 糖をエネルギー源にして増殖しますから当然といえば当然ですね。

あともう一つ、

NEWSポストセブンの記事。 ここは私が数年前に放射能を気にし始めてから高感度な記事を載せるな〜と思っているサイトです。なので、信頼度はかなりE〜です!!w

 

私たちの認識が違ってた可能性がある!?... この気になる記事はぜひ読んでくださいね♩

 

以下一部引用。

 

「糖質オフ」「プリン体ゼロ」で安心するな

 

健康診断の数値を見るたびに一喜一憂させられるのが「血糖値」と「尿酸値」だ。中年男性に共通の不安だが、多くの人が間違った知識に振り回されている。これまでとは大きく変わった「新常識」をレポートする。

「血糖値」と「尿酸値」が多くの男性にとって悩みの種になっているのは、それぞれが「糖尿病」「痛風」というつらい病気に冒されるリスクを孕んでいるからだ。糖尿病の治療で人工透析に通う男性(65)がいう。

「50代で糖尿病と診断されました。合併症で腎臓を患い、週3回4時間の透析をしています。日常生活がここまで制限されるととても不自由です」

 痛風に苦しむ男性(62)が後悔の念を語る。

「ある日、いきなり足の指の関節が赤く腫れ上がり、あまりの激痛に自力では歩けませんでした。自分の不摂生を後悔するばかりです」

 こうした病気につながっている血糖値と尿酸値とは何か。人間にとって重要なエネルギーであるブドウ糖は、体内に入ると小腸から吸収される。このブドウ糖が血中に占める濃度が血糖値だ。

 尿酸は人間の細胞の核を構成するプリン体という成分が分解されて生じる老廃物で、尿酸の血液中の濃度が尿酸値となる。

 この2つは健康診断のたびに目にする数値だが、最近は驚くべき「新常識」が生まれているという。銀座泰江内科クリニックの泰江慎太郎院長が話す。

「これまで信じられてきた基準値や改善法のなかには、間違っていたことが明らかになったものもある」

 

 血糖値と尿酸値の最新情報を専門医の解説とともに見ていこう。 この続きを読む

要はウェアラブルデバイスはリアルタイムに体内に蓄積されつつある血液内の痛風や糖尿病の要因となる物質を検知して、警告を発してくれるモノなのです! データは人工知能と連動されて更に高精度で的確なアドバイスを出せるようになるでしょうね。正に予防医学がテクノロジーで変わります!!

国の機関までもが血糖値測定に夢中!?

国立の研究機関までもが必死に開発を進める非侵襲性血糖値測定器。 もう今後、爆発的に糖尿病患者(1000万人超え)が増えると予測されていますから当然なのでしょうけど... 凄い!w

 

この多額の予算を使ってもまだ実用化まで数年先ですからね。

 

いかにWor(l)d社がやろうとしていることが最先端なのかが分かりますよね♪

 

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

非侵襲の血糖値センサーはいまだに実現していない。その潜在市場は日本国内で1000億円以上、全世界では3兆6000億円以上とも見積もられる。

日経デジタルヘルスより

気になるTOPIC

見えて来た巨大市場 ─非侵襲血糖値センサーの開発

国際糖尿病連合(IDF)によれば,日本国内には721万人の糖尿病患者がおり,世界では3億8,670万人を数えるという。これは世界の成人人口の8.3%を占める値だ。今後,患者数はさらに増えると予測されており,2035年には世界で5億9190万人,同9.9%と,10人に1人は糖尿病という時代が訪れようとしている。高血糖の状態が続くと様々な合併症のリスクが高まるため,糖尿病患者は日々の血糖値管理が重要になる。現在のところ血糖値の計測には採血の必要があり,痛みによるQOLの低下だけでなく,年間20万円程度かかる穿刺針やセンサーチップなどの消耗品費,これらを感染性廃棄物として処理する手間など患者の負担は大きく,その解決が喫緊の課題となっている。 続きはこちら

Appleのティム・クックCEO、血糖値測定デバイスをApple Watchでテスト中?

ちょっとうらやましいぞ!

Apple Watchで密かにテスト中と噂の、血糖値測定機能。糖尿病の患者さんには何よりもありがたい機能となりそうですが、米メディアのCNBCは新たに「Apple(アップル)のティム・クックCEOがApple Watch接続の血糖値測定デバイスをテストしている」と報じたのです。

CNBCによれば、クックCEOは自分の体にテストデバイスを装着し、食事やエクササイズによる血糖値の変化を測定。またこのデバイスはApple Watchに接続されていたそうです。将来的な一体化を目指して、現時点でのテストデバイスは分離式となっているのかもしれませんね。なお先月の報道によると、このApple Watchの血糖値計測機能は「非侵襲的」、つまり針などを利用せず身につけるだけで利用できるそうです。 続きはこちら

ITの最大手。

Apple、Googleも開発を急ぐ巨大な市場(予備軍合わせ約6億人)が全世界にあるのです!!

米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

米国食品医薬品局(FDA)が現代科学技術に向けて準備運動している証拠がまた一つ見つかった ―― このたびFDAは、血液サンプル採取のために針を刺す必要ない初の連続血糖値モニターを承認した。

今日(米国時間9/28)FDAは、Abbot社のFreeStyle Libre Flash Glucose Monitoring Systemを認可した。皮膚の下に挿入した小さなセンサーワイヤーを使って、成人糖尿病患者の血糖値を測定する装置だ。別の棒状の装置をセンサーにかざすことで血糖値の測定結果を読み取ることができる。

これはFDAにとって記念すべき一歩だ。現在米国には300万人近くの糖尿病患者がいて、一日数回、何かを食べるたびに自分に針を刺して血糖値を測定しなければならない。

ただし、針を使わない血糖値モニターのアイデアは新しいものではない。ここ数年多くのIT企業がこの巨大な糖尿病市場に関心を持っている。Appleもこの種のデバイスを開発しているという噂があり、CEO Tim Cookが、Apple Watchと接続するプロトタイプらしきものを装着しているところを目撃されたこともあった。

ほかにも現在まだ開発中のGlucowiseを始め、いくつもの会社が同様の製品開発に取り組んでいる。

しかし、針のない血糖値センサーの開発は容易ではなさそうだ。Googleは血糖値を検出するコンタクトレンズを作ろうとしたが、医薬品会社のNovartisが2014年にライセンスして以降、プロジェクトは行き詰っているようだ。やはりFDA認可済み非侵襲血糖値モニターのGlucoWatchは、2000年代初頭に認可されたが、消費者は使いにくいと感じ、中には悪性の皮膚疾患を起こした例もあった。 続きはこちら


血糖値測定まもなくのHELO はこちら